FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東山借景紫暮酒 実施報告2

今宵堂さんもおひとりおひとり講評をしていただきながら、
場も温まり、ようやくお酒も料理も進みはじめたころ、
裏ではきた村の大将をはじめ、全料理人がお皿ごとの担当を決めて盛り付け開始。

それぞれの料理人さんが担当のお皿に対してひとつひとつ考えて盛り付けていかれるので
普通だとひとつの盛り付け方が決まれば流れ作業になるところが、
ひとつひとう考えて盛り付けるのでそれは大変な作業。

でも、きた村さんはじめ、イベントとして楽しんでいただけていただいていたような感じが
お客さんにもきっと伝わったのではないかと思います。

しかし、仲居さんもまた大変です。
盛り付けが終わったものからまず別室に持ち込んでもらい、記録撮影。

記録した各料理の写真はGallaryにアップしているので興味あるかたはどうぞ。

撮り終えたら仲居さんがその制作者のところへ配膳するわけですが、
間違えてはいけないということで、これも仲居さんごとに担当の人を決めて、
座席表を確認しながらの作業となりました。

「だれだれさんの担当だれ~?盛り付けできてるでぇ」といいながら
狭い部屋と廊下をみんなが行ったり来たり。
繁忙期級の忙しい動きをしておりました。

そんなことは恐らく参加者のみなさんは露知らず、だったとは思いますが、
やっぱり自分のお皿が出てくるまでは、ドキドキしながら、出てきたときに
美しく盛られた自分のお皿を見たときの喜ばれている姿を、
出来れば料理人の人たちにも見せてあげたかったですね。

IMGP1016_convert_20090510232632.jpg

しかし、これもまた時間がかかり、全員出揃ったときには既に16時前。。。
あと30分では終わらんやろうなぁ。。。

スポンサーサイト

テーマ : 日本酒 - ジャンル : グルメ

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。