FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマ大コラボ特別企画「自産自消プロジェクト:酒器つくる篇」①

この週末、紫暮酒の前編としての今宵堂さんでの酒器づくり講座が開催されました。

とても天気もよく、半袖で過ごせる気候の良さ。


IMG_3006_convert_20090413012744.jpg

ちょうど今宵堂さんの向かいの桜も満開でとても気持ちのいい景色に
このまま横になりたい気持ちを抑え、10時から10名の方が来られて
授業開始。

今宵堂さんが乾杯から始めたいという要望もあり、
最初の自己紹介を軽く済ませてまずは乾杯から。
今宵堂さんのご好意でスタッフもみんな参加しての乾杯。

IMG_3009_convert_20090413013117.jpg

軽くお酒を入れた方がリラックスしますしね。
とはいえ、朝10時からこんないい天気の日に飲むのもまた
罪悪感もありながらも、だからこその快感もまたありますね。
テンションがあがります。

この日に用意させていただいたお酒は伏見のお酒でにごり酒が有名ですが
増田徳兵衛商店さんの「月の桂 純米吟醸酒」をご用意させていただきました。

IMG_3011_convert_20090413012914.jpg


ちゃんと軽く肴もひとりずつ用意をされているあたりが
この今宵堂さんのホスピタリティの高さ。



が、、、その肴もあり、美味しいお酒もありとなれば、
当然、ちょっとで済むわけもなく、いろんな酒器で飲み比べを
してもらうという内容でもあるので、飲んでもらうのも当たり前なんですが
ほんとに次々と片口に入れたお酒がなくなり、何度もお替わり状態。

まだ午前の部なのに、午前で月の桂がなくなってしまっては
午後の人に申し訳ないということで、急きょ家から持ってきたお酒を投入!
それは家に寝かしていて、気づくと3年経って古酒になっていた
大阪の八尾のお酒で「九々鱗(くくりん)」の純米大吟醸。

義母の好みのお酒で、もらっていたけど当時は家で日本酒を飲む習慣がなく、
押し入れにずっと入れていたんですが、ふと前日に発見!
そういやクウカイの伊東さんが倉庫に忘れ去られたお酒の話や
日本酒バーのたかはしさんも家で1-2年は寝かしていると
言っていたなと思い出し、もしやいい感じの古酒になっているのではと
持ってきたものでした。
が、そんなことも言ってたら月の桂がなくなってしまう!ということで
まあ、古酒を飲むと言うのもいい機会になるだろうと思って開けてみました。
もしかしたら単に渋くなっているだけの可能性もあるので心配でしたが。

IMG_3018_convert_20090413013219.jpg


片口に入れてみるときれいなうっすらキャラメル色に色づいてきていて、
飲んでみても甘みが増していてより飲みやすい感じに仕上がっていました。
そして古酒独特のヒネ臭というのか、漬け物のような香りもついていて
この辺りは好みがわかれるところでしょうが、個人的には好みの仕上がりに
なっておりました。

上原夫妻が陶器と磁器の違いや、その成り立ち、形状による飲み方が変わること、
成形から焼き上げまでの流れなど、陶芸や酒器についての話を聞きながら
いろいろ酒器で飲み比べをしながらグイグイ皆さん飲まれていました。

が、気づくとすでに1時間近く経ってしまっている!!
そらお酒も減るわな。。
でもその分皆さんの会話も弾み、すっかり打ち解けた様子。

イチローでも最初のストレッチに1時間近く割くというし、
これはこれで大事なプロセスな感じがしました。
丸投げ状態でしたが、いろいろ考えて準備をしてくれていた上原夫妻に感謝。





スポンサーサイト

テーマ : 日本酒 - ジャンル : グルメ

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。